人にはそれぞれ「価値観」があります。

「それわかるわぁ!!」というものであったり、「は?全然意味わからんし・・」と言うのもあります。

自分の価値観を押し殺してでも人と関わる。・・・と言うのも価値観であり、自分の価値観は誰に咎められようとも貫き通す!と言うのも一つの価値観。

価値観があまりにもかけ離れていて付き合いがしんどいのなら付き合いをやめるのもひとつだし、その人のよいところに着目して悪いところに目をつぶるのもひとつ。

言い出すとキリがないくらいに価値観は当たり前につきまとうものです。

さて、その価値観の摩擦に耐えられなくなると、衝突つまりけんかが起きてしまいます。

昨日深夜3時半頃、ふと事務所に立ち寄ると、うちの事務所のまえでパトカー2台と警察官数名。道路にはなにか散乱しているじゃないですか。。。
IMG_0935


「え?泥棒???」

警察官もその時間に車が近寄ってきたもんだから、当然のように私に職質。

「いやいや、ここの主やけど、何があったん??」

「けんかですわ。」

「なんやそうか。。よかったよかった。」

車から降りて社屋前に近寄るとご近所のラウンジのママさんが「すみません!!うちのお客さんが・・。」

「いいよいいよ、大変やねぇ。。」

・・が、ふとシャッターを見るともみ合って押しつけたのか、外れてるやん。。

シャッターが開閉できるのか、本日出社して確認すると完全に咬み込んでしまっていて開けることさえままならず。

こっちは完全な被害者なので、「完璧に直してね〜」というのもアリだし、「開け閉めできればいいよ」というのもアリ。

今の僕の価値観では当然後者。ただ、対応によっては前者に変わることも考えられる。

要は人の価値観は外的要因によっても大きく変動するということ。

もう一つは「けんかはあかーん。けんかしたいなら、誰の迷惑にもならないように大きな広場でやってください。」