toge_excel1066
今年1月14日に
Windows 7のサポートが終了しますが、この期限が訪れてもWindows 7が使えなくなるわけではありません


ただし、サポートが終了すると、OSに重大な脆弱性が発見されても修正されなくなる可能性があります。脆弱性は、ウイルスや不正アクセスなどに悪用されかねない不具合や欠陥ですから、それを放置したままパソコンを使い続けることになります。例えるなら、ドアや窓の鍵が壊れている状態で家に住み続けるようなものです。必ず被害に遭うとは限りませんが、危険であることは明らかです。サポート終了に関係なく、Windows 7を使い続けることはできますが、とてもお勧めすることはできません。

サポートが終了すると、Windows 7にハードやソフトのサポートが提供されません。サポートが終了したOSに対しては、Microsoftだけでなく、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーも、各種サービスを提供しなくなる可能性が高くなります。仕事に欠かせないソフトウェアの最新版が出ても、Windows 7は対象外となる可能性が高い上、プリンターなどの周辺機器のドライバーも提供されなくなるかもしれません。ソフトウェアなどで何かトラブルがあっても、Windows 7での動作は対象外とされ、サポートを受け付けてもらえなくなることも考えられます。サポート終了後もWindows 7を使い続けることは可能ですが、そのメリットは少なく、むしろデメリットの方が多いと考えるべきでしょう。

企業でお使いの複数のパソコンを入れ替える場合、それなりのコストがかかります。多くの企業様がパソコンを購入されていると思いますが、これを機にリース契約も考慮されてはいかがでしょうか?メリットは「月々の支払いが楽」「全て経費計上できる」「劣化に伴う不具合を管理出来る」等です。企業でお使いの場合、Windows7を使い続けるわけにはいけません。早めにご検討頂き、Windows10へ入れ替えされることを強くオススメ致します!