68255_i
安倍さんからバトンを受けて総理大臣となった菅さん。ニュースを見るとまあいろいろと口撃を受けてますね。

物事には完全な「正解」というものがなく、人によって、立場によって、時代によって、タイミングによって、環境によって正解が不正解であったりするものです。言ってみれば、賛成の数が多い方が正解なわけです。

もうかなり昔の話にはなりますが、過激な某信仰宗教団体がありました。私を含む一般的なひとからは、常軌を逸した言動や活動と思われることが多くありましたが、彼らの世界ではそれが正解なのです。彼らの領域に足を踏み入れると自分の考えは否定されます。すなわち不正解なのです。

こういったことには「関わらない」という選択ができるのですが、国民として政治には関わらないという選択肢は避けたいものです。もし関わらないと選択するならば、政治に対して批判したり意見を述べるべきではないと思います。

積極的に政治に関わってくださっている政治家の皆さん。なんらかの形で国民から支持され選ばれたので、その部分においては正義であり素晴らしい方々なのですが、国家中継を見ていると程度の低い発言をする議員も少なくはなく、まあ情けないかぎりです。

揚げ足を取ったり、肝心な内容そっちのけで重箱の隅を突くような質問をしたり。。

言い負かすことばかり考えず、もっと意味のある議論を交わしてほしいな。