今日は校区の球技大会があり、お手伝いに行きました。学校で自治会長さんに会い「林さんも代打で出たら?」ということで選手登録を済ませたところ、その出番はすぐにやってきました。

そもそも「野球」は苦手なスポーツの一つであり、キャッチボール程度なら出来ますがゴロやフライの捕球は全くと言っていいほど自信がありません
バッティングは自分ではイケてる「つもり」ですが、単なる「つもり」だけでありやはり・・といった感じです。

結果はというと、空振りの間にキャッチャーがボールを後ろにそらしてしまい、見事三塁走者が生還。これって俺のおかげ?と思いつつ、フルカウントから絶好球を強振!!結果はあえなくサードライナーでした。

野球部に所属する中学二年の息子にその話をするとハナで笑われました。
あぁ、悔しい・・